ソファの前に空いた飾り気のない床にぴったり合うのがラグマット

Rug

季節別オススメのラグとホームケア

家の中をいつも小綺麗にしているのだけど、なんとなく落ち着かない。そんな人は、玄関でも、キッチンでも、リビングでも、好きなところにラグマットを敷いてみましょう。足もとに新しい色と感触がプラスされることで、部屋に広がりができますよ。ここでは、季節別オススメのラグマットとホームケアのコツをご紹介します。冬は足もとが冷えるので、防寒も兼ねてフカフカしている素材を選びましょう。ラグを敷いた床に直接座るわけではなくても、歩いたときにクッション性のあるラグが一枚あるだけで、冬の嫌なひんやり感を味わわずにすみますよ。
ラグマットを敷いたら、近くに粘着タイプのハンドクリーナー(通称コロコロ)を置いておくと便利です。フワフワして毛が長い素材のラグは髪の毛やゴミが絡まりやすいので、掃除機よりも手作業のほうがケアしやすいです。手元に置いておき、毎日コロコロしていると掃除が楽ですよ。夏になったら、ラグも新調しましょう。
見た目が涼しげで触れてもベタベタしない麻や畳素材が快適です。触るとひんやりする機能的なラグもたくさん売られています。夏場は汗で汚れやすいので、丸洗いできるタイプが使いやすいですよ。また、気軽に日干しできるように軽いタイプがおすすめです。いずれにせよ、あとでまとめてケアしようとすると、どんどん汚れが蓄積して落ちにくくなり、ますます億劫になってしまうので、汚れが気になったらその場でケアするようにしてくださいね。

ラグの必要性について

ラグマットとは?ラグマットは床に敷いて使うものの中でも部分的に使われる事を指していて、一般的に約3畳ぐらいまでの大きさをラグマットと言います。ちなみに1畳満たないものをマット、3畳以上のものはカーペットと呼びます。
【ラグマットのメリット】
ラグを敷くことにより家具で床に傷が付くのを守ってくれます。また、ペットの毛や埃を舞い上がらせないので、掃除が楽になります。
他にも防音効果やインテリアの一つとしてお部屋のアクセントとなります。
【おしゃれなコーディネート】
好きなように使っていただくことが一番ですが、オススメの使い方としては、自分が座る場所ソファーがあればソファーの前に緑色のラグを敷くと草原のようになり、開放感のある部屋になりますよ。ラグを替えるだけで全体の雰囲気も変わりますので、しっかり考えて購入するのがいいですよ。
【ラグのメンテナンス】
できれば毎日掃除機をかけて下さい。毛並を立てるようにかけるといいです。粘着テープを使用すると良いと思われがちですが、強力な粘着テープだと糊が残ってしまい、逆にほつれの原因になりますので、やめた方がいいです。もし、飛び出た毛を見つけた場合は引き抜かずにハサミで周りと高さを合わせて切り取りましょう。

ラグマットのメリット

ひとり暮らしのラグマットは、サイズ選びがポイントです。部屋が狭く見えないように大きすぎない商品を選びましょう。6畳の場合は1畳、8畳なら2畳くらいの大きさがベストです。ソファーやテーブルの下、ベッドのまわりに敷きましょう。また、天井とフローリングのカラーに合った商品選びも大事です。フローリングがダークなのに明るかったり、フローリングが明るいのにラグマットがダークカラーだとどうしても浮いてしまいます。フローリングが明るいカラーならラグマットはアイボリーやホワイト系の明るめを、ダークカラーのフローリングはブラウン系やグレー系などダークカラーをセレクトしましょう。ラグマットはフローリングにキズをつけないためだけではありません。エアコンの効率を向上させる役割も果たしているので、光熱費削減にもつながるでしょう。また、フローリングの色あせの原因は紫外線の影響と言われていますが、ラグマットを敷くことで保護できます。
ラグマットはどんなに耐久性に優れていても、替えどきがきます。老朽したら無理をせずに新しいものを購入しましょう。また、写真で見た感じと実際の商品はイメージと違うこともあります。失敗のないようにできればサンプルを送ってもらいましょう。

インフォメーション

ラグを清潔に保つには

ラグマットはどの家庭でも使用されていることが多いと思います。ただ、気になるのは清潔かどうかということです。小さな子どもさんがいるご家庭、妊婦さんがいるご家庭、病気を患う方がいるご家庭など、どのよ…

more

何色のラグが好みですか?

たくさんのラグが世の中に出ています。何色のラグがお好みですか?大半の人が黒、茶色、白、ベージュなど家具と合うラグを使用していると思います。私の友人の家はほとんどがこの色です。私も個人的にはこの基…

more

ラグと家具と選び方

部屋に彩りを与えるラグですが、どのように選べばよいのかまで把握されている方は意外と多くありません。そこで、ラグをきちんと選ぶために覚えておきたいコツを幾つか覚えておきましょう。たとえば、家具に合…

more

ラグを使用するメリットとは

床にラグを敷くことで様々のメリットが感じられます。ず1つ目は汚れを吸収してくれるので、ホコリが舞い上がりにくいことです。小さな子供がいる人にオススメで、裸足で走り回ったり、泥が例えついていたとし…

more